FC2ブログ
 

人生万事塞翁が馬

『僕街』原作&スピンオフ小説読みました


 お久しぶりです。
 先月末は『僕だけのいない街』原作をひたすら読んでおりました。
 アニメ見たし、犯人も分かってるし、時間かけてのんびり読もう~……とか思っていたのですが、とんでもない!
 最初、1巻と2巻を同時に買って楽しむ→3日後すぐに3-5巻を買う→とんでもないところで終わっていたので翌日即座に書店に行って6-7巻を買う。ちょうど前日と同じ店員さんに当たってしまいたいへん恥ずかしい。(向こうは覚えていないだろうが、つい自分からカミングアウトしてしまう人間心理の不思議)
 で、数日待って発売された最終巻をゲットと同時にアナレコ発注。(書店にはなかった)
 届いたのを読む。

 ……という感じで、僕街たっぷり堪能いたしました。後は実写映画だけ見ていないけど、それはまた地上波でやる時の楽しみにしておこう。あ、番外編のマンガも楽しみにしています。でも読めるのはきっとかなり先だろうな。

 で、原作何回も読んで、アナレコ読んで、アニメまた通して見て……といろいろやって、自分なりにいろいろ考え。
 前回記事にしたアニメEDについては自分なりの回答を出しましたので、需要ないと思いますがそれについて書かせていただきたいと思います。

 まずED曲『それは小さな光のような』。これは犯人目線の曲確定。
 最初から最後まで犯人目線だと思います。
 で、これ……。
 ズバリ『悟が目覚めるのを待っている間の犯人目線の歌』だと思いました。
 だから、最初に感じた『一度は失われた、だが本来あるべき未来を手に入れようとする歌』で間違いはない。
 悟が昏睡状態に陥った時、犯人は一度すべてを失っていますから。そして悟が目覚める未来を待ち続けた人ですから。
 真摯に祈った心は嘘じゃない、その胸にあったものは『それは小さな光のような』もので。(でも光じゃないかもしれないww)
 まあ、どっちにしてもドス黒反転ソングであることには変わりありませんが!

 
 次にED映像。
 初めの小学生は悟。
 次に後姿の雛月に少しずつ迫っていくカットは犯人の手が彼女に近付いていく描写。一瞬映る愛梨も、彼女が狙われているからで確定。
 
 草むらの少女は原作よりアッコちゃん。
 水に落ちる少年は悟で確定。
 蝶と共に現れる少女はおそらく、アナレコより小見苗沙羅ではないかと。
 夕暮れの中で飛び回る女性は婚約者ちゃん。
 
 ロープ、はさみ、ハムスターはそのまんま。ハムスターの回し車の外側に現れる炎に囲まれる少年のシルエットは、スパイス=悟ですから悟で確定。
 本人はまあ本人。

 次の、ライダースーツっぽい女性、コートの女性……これだけが完全に不明ですが。
 このEDも犯人目線で、彼の人生に影響を及ぼした人々や事件を回想しているのだとしたら現・妻なのかな、と。そのくらいしか成人女性の該当者がいない……。回想で出ている母親は全く違う印象ですし。
 
 最後の数十秒に現れる髪の長い少女? 女性? も謎なのですが、これはあえていえばすべて婚約者ちゃんなのかな? という感じです。あの真正ペドが偽装目的とはいえ一度は結婚を検討した相手ですので、それなりに印象に残っているのかな、と。(愛梨とのミスリードを起こさせるためでもあると思いますが)
 間に挟まる四つん這いの少女は、服装からおそらく原作に出てくる賢也の父が弁護していた事件の被害者。
 歩いていく雛月は、まあ雛月。

 で、悟が目を開けるという犯人の待ち望んだシーンでフィルムは終わる、と……こんな感じではないでしょうか。


 自分なりに絵解きを終えてみて思うのは、EDフィルムとED曲はそれぞれ、ちょっと違った観点から『犯人』を描いているということ。2つの間の犯人像の解釈には微妙に差も感じられます。
 で、ここで小説版も思い出したり。
 小説の方も、筆者は別人ということで実は読んでいる途中、少々キャラクター把握にズレを感じました。悟も賢也も犯人も、ちょっと違うなって。まあ、他人が書く以上仕方ないことだし、犯人も気付かなかった『真の動機』は成程、それに違いないと思えたし、 ラストの法廷シーンはものすごく良かったのですけれどね。

 で、この小説版の犯人像も、アニメED曲・アニメED映像のどちらとも違っている。
 更に言えばアニメ版の犯人像もまた、そのどれとも違っていて、かつ原作とも微妙に違っている。

 私はアニメから入ったし、アニメのエンドも好きなところいっぱいあります。
 けれどやっぱり原作とは別物だと思う。そう思うと……この物語の犯人像はすごく複雑で、見る人によって少しずつ姿が違って、そしてだからこそ魅力的なのかもなーと思ったりしました。
 あ、複雑で魅力的なのは悟と犯人の関係も、ですね。

 それが原作・アニメ・アニメED映像・アニメED曲・スピンオフ小説・実写映画と、それぞれ少しずつ違う世界を生み出しているのではないでしょうか。……そう思うと、実写映画も見たくなって来たり。(結末がアレということで映画館には行かなかったんですがー)
 もう一人の主人公であるこの物語の犯人。私もすごく魅かれました!
 今は、いろいろな方が描いたいろいろな『その人』の一部が見られて面白かったと思います。
 人によってここまで捉え方が違うんだな、と思うとそれも面白い。

 改めましてこの物語、本当に楽しませていただきました。
 素敵な物語をありがとうございました!!


*勢いあまってPixiv に二次小説を投稿してきました(笑)
「君に百合の花束を贈ろう」http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6726154
 ただの婚約者ちゃん殺害小説です。お気が向きましたらのぞいてみてくださいませ~。

PageTop

それは小さな光のような ~アニメ『僕だけがいない街』EDの、考察みたいな


 お久しぶりです。
 考察というほどでもないですが、思ったことをつらつら~と書いてみました。
 「僕だけがいない街」、梶浦さんが音楽を手掛けられるということで見始めました。そして……1話でいきなりやられました。あのヒキはずるい(笑) 前期1番気になるアニメとして、たっぷり楽しませていただきました。

 最終話まで視聴した後は考察サイト巡り→EDのCD購入(BDも欲しいのですが、今まとまったお金がないので我慢)→原作購入(2巻まで、今ココ) とどっぷり僕街沼にはまっております。

 さて……梶浦さんは今回、劇伴のほかにエンディング曲「それは小さな光のような」も手掛けていらっしゃいます。歌は梶浦チームの歌姫さんではなく、ノイタミナ枠の姫さユりさん。編曲も梶浦さんではないので楽曲提供に近い形ですが、正に梶浦節全開。
 メロディーは劇中でも印象的に使われる、おそらくサントラのメインテーマ的なもの。(←BD買えないのでサントラ聞けてないのですが;;)
 三拍子のリズムとさユりさんの可愛い声に引き込まれる歌です。


 フルではないですが公式PVを貼っておきますね。

 で、この曲。1番がエンディングとして使われていました。歌詞は歌詞サイトで見られますが……私は番組視聴時、この曲を『主人公』が『救おうとしている女の子を見守る歌』と思って聞いていました。
 深夜アニメの常として歌詞が出ないこともありますが、冒頭『僕だけが見てた 君のこと』で始まり、1番盛り上がるところは『君のこと守りたいと思う』だし、最後は『君が笑うこの世界の歌 取り戻すよ』だし。
 一人ぼっちの女の子を見守り、守って、彼女が笑って過ごせる『一度は失われた、だが本来あるべき未来を手に入れようとする歌』だと思って聞いていたのですね……。あまり深く考えていませんでした。

 で、番組終了後、そういえばEDリリースされてるんだった、そろそろ買わなきゃと思っていたところへ、ネットのどこかで『2番は犯人視点なのかなと思った』という書き込みを見て、へえ? と思い。
 歌詞サイトへ。そして上に貼った公式PVへ。

 うん……2番……。
 サビが……1番で『君のこと守りたいと思う』だった部分が『君のこと壊したいと思う』と完全反転。
 その他にも『黒い祈りを孕んで』だの。『大事なものだと撫でていた 優しい指がねじれてゆく』だの。
 ヤバいキーワードが満載。
 さユりさんの声も、1番はとっても可愛くて無垢な感じで始まるのに、2番のサビを歌い上げる部分はものすごい迫力に変わり、リピートして聞くと冒頭に違和感を感じるほど変わっているんです。

 それで思いました。
『2番だけではなく、この曲は全体が犯人目線なのではないか?』と。

 思いつくのはEDの画像。全体的に暗い色調であるこの画像で自分の印象に残っていたのは、犯人の象徴ともいえる『ハムスター』が中盤で描かれていたこと、そして『誰だか分からない女の子が多数描かれていたこと』でした。
 で、録画とってあるのでED再検証。

 まずは窓から入ります。(この映像が何を意味しているかはまだ分かりません)
 それから、黒い町を背景に白抜きのシルエットの小学生が三拍子に合わせてスキップしながら進む。
 この小学生、番組視聴時ははじめ『悟?』と思い、それから歌の内容を聞いて『雛月なんだろうなー』と脳内補正してみていました。ですが改めて見ると、下半身のシルエットが男の子っぽく感じます。(というか、コートの丈から悟と思う方が妥当)
 このパートが終わると、黒い町に空がヘンに光っているカットと、たった一人で雪の中に立っている雛月のカットが交互に。
 雛月のカットでは、視点はそれを背後から見つめる。
 続けて、街のカットとアイリか? と思われる少女のこれも顔の見えないカットが交互に。
 
 次に、草むらの中でかがむ少女とそれに近づく影。
  続いて深い水の中に落ちて行く少年らしき影。ここでは目を閉じています。
 これは、初め悟るかと思いました。悟が水に落ちるエピソードは本編内であるので。

 ここから曲の盛り上がりとともに、画面も激しく動きます。
 まずは、黒っぽい画面の中に蝶と共に映る短髪の少女。雛月と見えないこともないですが、違う少女にも見えます。
 続いて夕暮れの空を飛び回るアイリ? らしき少女の姿。これも髪が長いからアイリ? と思っただけでよく見ると髪型も違う気がするし、顔も映らない。デッサンも狂ってぼんやりしたイメージのよう。誰だか不明、と言った方が正しい。
 画面がまた暗くなり、黒っぽいバックの中、少女が何か言っている様子。(先ほどの蝶の少女かもしれないが不明)
 これがフェードアウトしていく一瞬、太い枝を張った木? と見えるようなシルエットが映り、続いて首吊りのロープ? とも思える先を丸くした赤いロープをハサミで断ち切る画像。

 そこからは緑の炎に包まれ走るハムスター(スパイス?)がしばらく中央で回り、同じ緑の炎の中、高台のような場所に一人たたずむ少年のシルエット。(ずっと悟かと思っていましたがそう思う根拠は何もなし)

 次の一瞬、映るのは紛れもなくあの人。

 次にアニメ本編には未登場の、黒っぽいライダースーツ? をまとった女性? が先ほどのアイリ? っぽい少女と同じように夕空を漂った後、フード付きのコートを着た少し派手な印象の女性が立ち姿でハッキリと映る。この2人は同一人物かもしれないし、違うかもしれない。どちらにせよ、確実にアニメには未登場。
 この映像が切り替わる間、1秒に満たない時間で白い窓のような空間の中に赤い人影? が写ります。(時間短すぎてどうしても止められなかった……) 画像は下から上へ上がっていきますが、人影は落ちているようにも見える。どちらにしても不吉な印象しか与えない。

 そして暗い部屋にあおむけで倒れている少女。これも誰だか不明。
 着衣は下着だけ? な感じで腕には紐。拘束されていた印象を受ける。無気力な様子は暴力を受けた後を想像させる。

 その後少しの間、梢のシルエットが映された後、ブラインド越しから外を見ている? と思えるような構図で、最初に空を漂っていた少女っぽい子が元気に動いたかと思うと、髪の長い白いワンピース? 姿の女性が映る。(どちらも髪が長いが挙措動作から違う人物に見える)
 次の一瞬はやはり夏服か? 薄手の服を着たまだ幼さの残る少女が四つん這いの姿勢からこちらを見上げるカット。
 続けて、おそらく白いワンピースの女性の口もとのアップ。
 
 ここで画面は大きく引いて、悟たちが見に行ったクリスマスツリーか? と思われる山上の大木を映した後、水の中に落ちた少年が目を開けるシーンが一瞬映る。(これがよく見ると、悟にしてはかなり睫毛が長い)
 そして青空を飛んでいく紙飛行機でEDは終了。


 こうやって改めて見てみると……。
 EDの画面の異様な暗さが目を引きます。そして、『君のこと守りたいと思う』から歌が終わる直前まで、曲が最も激しくなる部分にかなり謎な映像が多いことが判ります。
 たくさん出てくる女の子たち……ざっと数えて5人はいるようですが、彼女たちはアニメ本編には登場していないと思います。

 まず、本人の顔が一瞬映ること、スパイス、ロープをハサミで切る。これは完全にあの人のイメージですね。
 最後に目を開ける少年の目元は私はどちらかというとあの人に似ていると感じました。

 ということで。私は『やはりこの曲はあの人のことを歌ったもので、ED画像もそれに合わせて作られているのではないか』と結論しました。
 暗い街、ヘンに明るく輝く空は彼の目に世界がこう見えている……そんなイメージなのではないでしょうか。
 出てくる女の子たちも、原作既読の方には分かるのでしょうか……。少なくとも、かなり長い時間(数秒ですが)映るフード付きコートの女性は何かしら重要な人物であることを感じさせます。


 さて。それを踏まえて歌詞を見直してみますと。
『僕だけが見てた君のこと 過去も未来も 悲しみも喜びも全て』
 ここで映っているのはずっと悟らしき小学生のシルエット。
 考えてみれば悟は雛月の『未来』は見守っていないわけで……。

 『僕』が悟ではなくあの人、『君』が雛月でなく悟、と思ってこの部分を聞くと……何かものすごく恐ろしいです。ストーカーか!
 
『オトナになるってずっと 優しくなるってことだと信じていた』
 ……つまり、実際オトナになってみたらそうではなかったと?
『子供の頃の僕のままに』
 これはちょっと切ない。子供の頃の僕のままでいられなかった、という意味になる……。

『君のこと守りたい……』
 の辺りはそのまま素直に受け取っていいかと思いますが、その後、
『二人を隠したこの街に 誰も知らない雪が降っていた』
 は意味深。
 この降っていた雪は、何かを覆い隠すイメージに聞こえます。
 ちなみに、曲ではこの部分でモスキート音っぽいキーーンとした音が入ります。

 そしてこのサビの部分は、上で書いた通り2番になると完全に反転します。
 この人物は『君』を『守りたい』けど同時に『壊したい』のです。
 しかしそれに続く、
『僕は僕のために 力無きこの手を  微かな輝きの方へ もがいてみる』
『君の歌う未来へ 導いてよ』
 は何だか聞いていて辛くなる。

 最後のターンでは『まぎれもなくあたたかい場所が あることを信じている』というフレーズ。これはもう悲鳴のようですが、直後それは『寂しさに喰われた優しさが 白い雪に埋もれてゆく』……となってしまう。
 フルで聴くとすごく悲しい歌だし、怖いけれど気持ちを引っ張られる。

 あの人のエピソードは、原作にあったものをアニメ化でバッサリ切られたらしいので、その部分をこのエンディングに込めたのかな……と想像。
 何となく、分かってる方は分かってるっぽいし、ある意味ネタバレになるからみんな言わないのかな? と思いつつ、このEDに触れている記事を見つけられなかったので自分で感じたことをつらつら書いてみました。

 全然違っていたら赤面……ですね(^-^;

 とりあえず、現在自分は『そういう歌』だと思って聞いておりますし、だとしたらものすごい反転ソングだな、と思いました。
 最初のイメージと真逆のものが込められていたので……。
 梶浦さんでこういうのはあまりなかったような? 「Magia」や「君の銀の庭」はストレートに黒ソングだし。
 1番だけ聞くと可愛いのに最後まで聴くととんでもないことになっていく、という部分では谷山浩子さんの「森へおいで」を思い出しました。
 梶浦さんの曲でもまれにみるどす黒ソングに仕上がっているのではないでしょうか……。ご本人編曲のFJバージョンもいつか聞きたいな、と思いつつ。

 梶浦さん、さユりさん、アニメスタッフさんに見事にしてやられた気がします!
 それでは長文でしたが以上で。お付き合いいただき、ありがとうございました

      

PageTop

近況


 1ヶ月過ぎるの早い……。2月半ばから先週末までめちゃくちゃ忙しく、ようやく解放されて今はぐったりしています。
 今季は「僕だけがいない街」を楽しみました。(まだ1回残っているけど)「おそ松さん」、「Fate/Zero」(再放送)の後半も楽しかった。アニメではないですが、「真田丸」も楽しんで見ております。

 春アニメは、「逆転裁判」「うしおととら」「境界のRINNE」……「機動戦士ガンダムUC」はどうしようかな……。
 まあ、いろいろ楽しめそうです♪ 夏にはプリヤやるだろうし。
 
 とりあえず、僕街とおそ松さんの最終回を楽しみに一週間生きます。

PageTop