FC2ブログ
 

人生万事塞翁が馬

あたしの恋人 (谷山浩子)

 家族と、ユーミンの「ひこうき雲」について話をしていたのですが。

 歌詞とか見ているうちに、次第に違う歌が頭に忍び寄ってくる……。
 谷山浩子さんの「あたしの恋人」。

 おそらく、「飛行機」「死」というイメージが、頭の中でリンクしているのでしょう。

 「ひこうき雲」は死を扱いながらも明るい曲調で、印象深い曲ですが。
 「あたしの恋人」はね……。ご存知な方は分かると思いますが、なんというかインパクトの強い曲ですよ……。

 私はベスト盤の「Memories」で初めて聞いたのですが、1度聞いただけで忘れられない曲になりましたね。

 19歳で「ひこうき雲」を書いたユーミンもスゴイけど、22歳で「あたしの恋人」を書いた谷山さんも、別の意味でスゴイよな……。
 いや、大好きなんですが、谷山さんの曲。

 この曲でいきなり始まる3thアルバム「鏡の中のあなたへ」。まだ聞いてないんですが、amazonの試聴で聞くといい感じの曲が多そうなので、金欠状態がなんとかなったら買いたいかなあ。

 かなりのインパクト系トラウマソングなのですが、興味があったらどうぞ。

 なんというか、なんというかですね。あたしの恋人は飛行士で、落ちてきたけど死ななかった、んですよ……。
 ちなみに自分は「すべて彼女の幻想」派ですが、そっちの方がコワイと思うの。
 明らかに、曲の中では彼の事故から数年が経過してるんですよ。
 それなのにこの状態だったら、ヤバいだろう確実に……。

 でも、みんないろいろな解釈してるのに、感想は同じ「コワイ」なのが笑えた(*^_^*)
  
 収録アルバム

鏡の中のあなたへ (紙ジャケット仕様)鏡の中のあなたへ (紙ジャケット仕様)
(2011/07/20)
谷山浩子

商品詳細を見る


 これはレコード会社を移っての再販版。オリジナルは1978年。結構古い曲です。
 アタマがこの曲って、なかなか挑戦的なアルバムだと思う(笑)

PageTop

四苦八苦

 始めたばっかりで、まだこのブログの使い方がよく分かってなくて;;

 今、やっと追記の使い方が分かりました。
 小説記事が長すぎるんで、どうにかならないかとずっと思ってたんですが、これで何とかなったー。
 
 まだ5篇しか上げてないから、直し作業それほどは面倒じゃなくて良かったです。
 早目に気付いて良かった良かった。

PageTop